MID TOWER GRAND

進化する中央区

航空動画・写真

「東京」を俯瞰し
自らを躍動させる、時代の最前列※1

日々生きる都心を俯瞰することで、
見える景色がある。寄り添うからこそ生まれる、
新しい明日への想いがある。
都心を自分のものとするためのポジション、
それこそが自分自身が身を置くことを求める場所。

エリア概念図
TOKYO 2.5km圏
GINZA 1.8km圏
MID TOWER GRAND
航空写真

航空写真

銀座駅約1.8km圏直線距離、東京駅約2.5km圏直線距離※2
その高い拠点性。

東京駅・銀座。その二つを側に暮らすことは、
多大な利便をもたらしてくれます。
ビジネスに、そしてプライベートにも、
優れたアクセス性はもちろん
常に刺激と豊かさに満ちた
都心を享受できる拠点となります。

いまだからこそ、「銀座」を
日常にする歓びがある。

世界中から常に注目を浴び続ける街「銀座」がいま、
次々と生まれ変わり開業する大規模な商業施設の
新たな息吹で、更なる華やぎに満ちた時代を迎えています。
この街のそばに暮らすことで、時代の最先端の
愉しみを日常とする暮らしが叶います。

再開発で進化を続ける、中央区。

日本経済を牽引する国家戦略特区のプロジェクトなど、
大規模再開発が数多く進行・計画中。
中央区は、商業・ビジネス街として
都市機能を充実させ、その魅力を高めながら、
「暮らしを愉しむ都心」として進化を続けています。

日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業

※掲載の航空動画および写真は(2017年5・10月撮影)に、一部CG加工を施しており実際とは異なります。
※掲載の再開発マップは東京都ホームページ、三井不動産ホームページ、武田薬品工業株式会社ホームページ、各計画プレスリリースを基に作成したもので、道路の形状や配置・再開発エリアは実際とは異なります。
※各事業の完成は工事の進捗状況により遅れが生じる場合があります。
※商業施設の予定開業時期については変更になる場合があります。
※日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業 竣工予定:2018年度(工事着工済)、八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 竣工予定:2022年(事業認可済)、日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 竣工予定:2019年3月(工事着工済)
※1.「時代の最前列」とは、進化し続ける東京を間近に望む「ペントハウス・スタイル」が目指すコンセプトです。
※2.「銀座」駅約1.8km圏とは東京メトロ「銀座」駅A12出口を起点とした直線距離であり、徒歩距離は約2,340mになります。「東京」駅約2.5km圏とはJR「東京」駅八重洲口出口を起点とした直線距離であり、徒歩距離は約2,820mになります。